人は人に影響される。だから・・・

Presentation / Seminar Support ≪プレゼン/セミナー支援≫


ストーリー力を活用する

PRESENTATION


ビジネスのグローバル化によって、プレゼンテーションの重要性はますます高まっています。しかし残念ながら日本人はプレゼンに苦手意識のある方が多いのが現状です。自分の長所はあえて隠すのが美徳であり、それを表現する方法を学んでこなかった日本人。それは素晴らしい国民性ではあるのですが、グローバル社会においてプレゼンテーションの弱さはビジネスチャンスの喪失に直結します。

プレゼンテーション・セミナー

ビジネスのグローバル化によって、プレゼンテーションの重要性はますます高まっています。しかし残念ながら日本人はプレゼンに苦手意識のある方が多いのが現状です。自分の長所はあえて隠すのが美徳であり、それを表現する方法を学んでこなかった日本人。それは素晴らしい国民性ではあるのですが、グローバル社会においてプレゼンの弱さはビジネスチャンスの喪失に直結します。

 

プレゼンに重要なのは、どんな相手に何を伝えたいのかを明確することです。弊社は、「人」の魅力を軸とした形で、デザインやメッセージ性に富んだプレゼンテーション資料制作を日本語と英語で支援いたします。特に、内容にストーリー性をもたせると、聞き手の心に残りやすく効果的です。

 

私達が、実際に外資系企業で効果的なプレゼンテーションを学び、実践してきた経験をもとに、ビジネスチャンスの発掘につながるプレゼンの作成を支援いたします。

 

また、各種セミナーの企画・運営、そして実施サポートも提供しています。


事例1: ソーシャル デザイン カンファレンス2013の企画・運営・情報の発信

大阪市などが中心になり、20132月~3月にかけて「2033年の日本を描くグランドデザイン」というテーマで、30名におよぶ企業経営者、社会起業家、デザイナー、大学教授によるカンファレンスが行われました。東京・大阪で全5回開催され、私達はこのイベントの企画を支援から、運営、さらにウェブサイト制作、SNSによる情報発信を担当いたしました。

 

各回それぞれ有識者5名がプレゼンテーションを行うにあたり、ともすれば焦点が散漫になりがちな大きなテーマを、ガイドラインを設け、きめ細やかなサポートを行ってイベントを実施。その結果、主催者様や参加者の方より高い評価を頂きました。

 

ソーシャル デザイン カンファレンス2013 http://www.social-design.info


実例2 :中国での英語プレゼンテーション支援

某人材教育会社様から、中国でプレゼンテーションをする支援の要請を頂きました。ご自身が日本語で作られた資料をもとに、対象である海外のお客様の関心事を分析し、コンテンツをカスタマイズ、シンプルで分かりやすいプレゼンテーション資料を作成支援しました。

 

エピソードを交え、効果的に伝える方法をアドバイスし、通訳業務も提供しました。結果、弊社が支援したお客様は、世界各国の参加者から高い評価を得られる結果となりました。